乾癬性関節炎 患者数

乾癬性関節炎の患者数ってどのくらい?

スポンサーリンク

「特定疾患」に該当するこの「乾癬性関節炎」について、いま現在でどれくらい患者数がいるのかを調べてみました。
まず、乾癬患者数の推移ですが、「1988年の時点で約7000人」だったのですが、現在は気付いていない人も含めると「約10万人」と言われています。
意外と多いなーと思ったのが正直な感想です。
私は、フケと勘違いされる鱗屑が非常に嫌いなので、患者数がおおければそういう人を多く見かけると思うのですが、意外といないですね。
話は戻りますが、「乾癬性関節炎の患者数」は、乾癬患者数の約1パーセントほどだそうです。
ということは、「10万人の1パーセント」なので、「約1000人」ですね。

スポンサーリンク

確かに、このくらいの患者数ですとかなり少ないとの印象を受けますね。
「特定疾患」という感じがします。
乾癬患者数は現在も増え続けているので、「乾癬性関節炎の患者数」も今後確実に増え続けると私は予想しています。
現代社会が引き起こすストレスを引き金に発症する場合が多いので、日頃から息抜きをしっかりとすることが、乾癬にならないための方法かなと思います。
少しでも、生きていく環境が整備されて、生きやすくなることで、「乾癬患者数」がどこかのタイミングで減少傾向になればいいなと思います。
乾癬の辛さは乾癬になった人にしかわからないので、乾癬に対する理解促進も乾癬患者さんが自ら行う必要があります。
少しでも理解が進めば、乾癬患者さんが住みやすくなり、ストレスが減少し結果として乾癬患者数が減るのでは無いでしょうか?
これにより、「乾癬性関節炎の患者数」がいまよりも減少してくれることを願っています。

スポンサーリンク