乾癬 治療薬 副作用

乾癬治療薬の副作用とは?

スポンサーリンク

乾癬治療に使われる薬はたくさんありますが、薬の数だけ副作用もあります。
そこで、どのような副作用があるのかをまとめてみました。
☆ドボネックス軟膏
・肌がひりひりする
・肌が赤くなる
・体のだるさ
・食欲が無くなる
・尿量の減少
・手足のむくみ
・顔のむくみ
☆ネオーラル内服薬
・血圧上昇
・腎臓障害
→この腎機能障害は症例でよく報告されている副作用です。

スポンサーリンク

☆オキサロール
・高カルシウム血症
→腎臓の悪い人は要注意です。
・だるい
・脱力感
・食欲不振
・吐き気
・口の渇き
・腹痛
・頭痛
・めまい
・イライラ感
・かゆみ
・筋肉痛
この他にも、乾癬治療専門の薬はありますが、いずれも副作用の症状が現れる確率は非常に低いです。
しかし、副作用が確認されていることも事実なので、副作用の症状が現れた際は、医師に相談することをお勧めします。

やはり、薬にも個人に合う合わないがありますからね。
ちなみに私は、ドボベットもオキサロールも効かないタイプです^^;
私のように薬が効かない場合も、早めに医師への相談をすることで、使用する薬を変更するなどの対処が早くできます。
塗り薬でだめな方は、内服薬で改善される場合もあるため、自分にあった薬を見つけるのも乾癬治療の一つの手段ですね。
乾癬との付き合い方は、なかなか周囲に理解されず苦しむことも多いかと思いますが、自分から乾癬について発信することも必要だと考えます。
今回のように、副作用についても知らない方が多いので、乾癬歴が長い方ほど十分な知識を発信してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク