アンテベートローション

アンテベートローションを使用する際の注意点について

スポンサーリンク

今回の記事では、前回の記事で紹介しました「アンテベートローション」についてより具体的なお話をしていきます。
私も使用していましたが、いろいろと注意点がありますのでその辺を中心にお話しします。
みなさんは病院から「アンテベートローション」を処方されたことはありますか?
乾癬症状があまり改善されない場合はおそらく1回は処方されたことはあるかと思います。
初診のときは、おそらくオキサロールという薬を処方されます。
まずこの2つの違いについてですが、ステロイド系であるかどうかという違いです。
オキサロールは非ステロイド系なので、副作用などはそんなにありません。
しかし、アンテベートローションについてはステロイド系なので副作用などの注意点があります。

スポンサーリンク

まず、オキサロールを使用していくべきなのですが、治りがあまりにも悪いとアンテベートローションを使用します。
しかしここで落とし穴がありまして、アンテベートローションを使い始めると治りがいきなり早くなるため、このまま使い続ける人が多くいます。
ここが良くない点になります。
ステロイド系使い続けると薬が効きにくくなり、もっと強い薬がないと効果がなくなります。
こうなると、アンテベートローションを使っても治りがよくならない場合がありますので、注意が必要です。
私も医者から言われたのですが、少しでも改善されたらアンテベートローションは使用を控えることが大切です。
使用方法としては、まずオキサロール。そしてアンテベートローションという形で!
あくまでもバックアップとしてアンテベートローションを使用することをおすすめします。
一番良いのは、薬を使わない方法なんですけどね。
なかなか難しいところではありますので、アンテベートローションの注意点についてお話しをしました。
ぜひこの辺は守ってくださいね。

スポンサーリンク