爪乾癬 治療

爪乾癬の治療方法について

スポンサーリンク

今回は、「爪乾癬の治療方法」について具体的な方法などをお話ししていければと思います。
まず、爪乾癬については前回の記事でもお話ししてきましたので、まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。
それでは、本題に入りますね。
爪乾癬は一度発症すると爪の内側の皮膚が侵されていくため、なかなか治療方法が開拓されておりません。
そんな中でも、効果的な方法についてですがいくつかあります。
@ステロイド系軟膏を直接幹部に塗り込む
この方法ですが、私が実際に医者に指示された方法です。
効果としては、幹部に塗り込むことでダイレクトに効いてくるとのことでした。
確かに1週間くらいしたら症状の進行が止まったような印象を受けました。
A紫外線治療
これは、爪以外の乾癬の際に良く使用されるものです。いわゆるナローバンドとかの紫外線治療機器を用いた紫外線治療です。
この紫外線治療を爪中心に当ててもらうことで効果がでてくる治療方法です。
通院している方はこれが一番効果的かと思います。

スポンサーリンク

B内服薬治療方法
この治療方法は、時間がかかります。
ビオチンなどの乾癬に効果がある内服薬を使って体の内部から改善を試みる方法です。やることは簡単で継続しやすいことがメリットとしてあげられますが、デメリットとしては、効果が見られないまたは効果が出るまでに時間がかかるという点です。
以上私が知る限りでは大きく3点になります。
いかがでしたでしょうか?
実践できそうでしょうか?
爪乾癬は放置しておくと爪が死んでしまうため、一刻も早く治療に取り掛かることをお勧めします。
現に私は放置した爪が。。。。。
まぁそんなことになりますのでよかったら治療してくださいね。私みたいにならないように是非是非。
それでは。

スポンサーリンク