爪乾癬

爪乾癬ってそもそもなんなの?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは!こんばんは!
今回は爪乾癬についてお話しする回なのですが、基本に立ち戻って「爪乾癬」って一体なんなのか?
これについて改めて勉強しましたので、私が学んだことをみなさんにお伝えしようと思います。
この爪乾癬ですが、乾癬の症状が爪にも現れる症状のことを指しています。
乾癬患者の中の50パーセントくらいが経験していると言われています。
それと、驚いたことがあります。
それは、世界機関のWHOがこの乾癬についてこのような考えを示しているのです。
「WHOでは乾癬を苦痛を伴い、外観を損ない、機能障害をもたらす慢性・非感染性で成人病をも多く伴う、生涯に亘ってQOLを障害する疾患で、持続的なサポートが必要な疾患と認定した」
とあります。
ここまでくると、発症率だけではなくかなり多くの方が潜在的に発症しているというのとになり、辛い思いをされているということになりますね。
爪が乾癬は、若年性のものがひどくなりやすい傾向にあります。

スポンサーリンク

どんな症状があるのかといいますと、
「爪剥離症、その他の変化として変色、点状出血、爪の肥厚・角質増殖、爪甲の消失・ぼろぼろ化」
こんなものがあります。
特に爪が剥がれる剥離やぼろぼろ化がかなり多いとのことでした。
ちなみに、爪乾癬が悪化する要因の一つとして、角質増殖した場所をほじくり返したりすることで、刺激が与えられさらに悪化するとのことです。
私は良く?きむしったり、角質をほじくり返したりしておりました。
だから悪化したのですね。
というわけで、爪乾癬は非常に治療しにくく治りにくいということがわかりました。
爪乾癬にかかったらそっとしておきましょう。
今回はこの辺で終わりますね。
少しでもお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク