乾癬 治療 ビオチン

乾癬の治療に使われるビオチンの量について

スポンサーリンク

今回は、乾癬の治療に使われる内服薬のビオチンについてお話します。
まず、ビオチンってなんなの?ってところからお話をします。
ビオチンとは、ビタミンB群に分類される水溶性ビタミンの一種です。
ビオチンは、抗炎症物質を作り出すことによりアレルギー症状を緩和する働きをします。
他にも作用があり、タンパク質を作り出すことにも関係するんです。これにより、皮膚をつくる細胞を元気にさせ、老廃物を出しやすくし、皮膚の機能を正常に保つ働きもあります。
このような、効果があることか、乾癬治療で病院から処方される場合があります。

スポンサーリンク

この薬は、大体が粉末で処方されます。
薬は黄色い色をしていて、味は甘く飲みやすいです。
私は好きです(笑)
ただ、ビオチンを飲んで乾癬の症状が改善された経験がないので、一度処方された量よりも多く飲んでいた時期がありました。
でも、多く飲んだからと言って症状に変化はなく、意味がなかった経験があります。
よって、ビオチンの適量は、処方された量が適量なので、それ以上飲んでも意味がないとの認識でいいかなーと思います。
内服薬って効き目がよくわからないのですが、非常に重要なので外用薬以外にも、ビオチンのような内服薬を上手く活用して、適量を飲んで乾癬を少しでもよくしましょうね!
一緒に乾癬を少しでも改善させましょう!

スポンサーリンク