乾癬 治療 アンテベートローション

乾癬治療に使われるアンテベートローションについて

スポンサーリンク

今回は、乾癬治療によく使われる外用薬として有名な「アンテベートローション」についてお話ししていきます。
私は、このアンテベートローションのおかげで頭皮乾癬が凄く良くなったものでした。
まぁ、良いことばかりではなかったですけどね。
ちなみに、このアンテベートローションは、
「皮膚の炎症を抑える働きがあり、赤みや痒み、腫れなどを改善する働きもあります。」
しかし、ステロイド系の外用薬なんです。
なので、副作用はもちろんありますが、発症するのは低確率です。
ただ、問題があります。
私も経験したのですが、ステロイド系の外用薬だけあって、かなりの即効性があります。
しかし、その反動で、使い続けていくうちに身体が慣れてしまい、同量だと効かなくなるんです。

スポンサーリンク

「最近鱗屑なくなったなー」と思っていたら、数日後の朝。
「うはーー!すげー出てる」といった具合になった記憶があります。
このようのことがおきるため、長期にわたって使い続けることはお勧めできない外用薬です。
処方されるときに、医師からも言われるはずです。
一時的な治療だということを。
このアンテベートローションも、乾癬を治すためではなく、あくまでも症状を抑えるまたは、和らげるだけなので、そこを勘違いしないようにお気をつけください。
このアンテベートローションは、本当に症状がひどいときに使うのが良いと思います。
それ以外は、オキサロールがいいかと思いますよ。
私も使い分けをしていますので。
少しでも私の経験が参考になれば幸いです。
一緒に乾癬を改善していきましょう!

スポンサーリンク